雇用保険の高年齢雇用継続給付についての基礎的知識

日本における年金受給の開始は、繰り上げ受給などを行わない限りは原則65歳からです。しかし、多くの会社員は60歳で定年退職を迎えます。60~65歳の間は収入が途絶えてしまう可能性があるのです。定年後も同じ会社で継続雇用として働く人も多いと思いますが、定年前に比べて大きく収入は下がってしまうことでしょう。

そんな時に活用したいのが雇用保険にある『高年齢雇用継続給付』です。これは、定年退職後の60歳前半の大幅な収入の減少を補うための給付金です。賃金が60歳時点(定年前)の75%未満に下がった場合、下がった金額の一部を給付金として補います。この制度を利用するには、雇用保険に5年以上加入している、60歳以上65歳未満であることが必要です。では、実際に例を挙げてみましょう。

60歳の時点で賃金が30万円だった人が、再雇用・再就職後の賃金が18万円になった場合、賃金の低下率は60%つまり40%の減収になります。

※低下率が61%以下の場合、支給率は15%、65%の場合は10.05&、70%の場合は4.67%、75%以上の場合はゼロとなる。

今回のケースですと、低下率は60%となり、15%の支給率になります。再雇用後の賃金18万円の15%(2万7000円)が給付金として収入の穴埋めをしてくれることになります。賃金との合計で20万7000円です。

このように雇用保険の給付金を上手く活用して、少なくなった収入を補いましょう。キレイモ カウンセリング 予約